カードローンの支払いを延滞や滞納!払えない時は弁護士へ

個人再生の後に払えない状態になった場合

 

個人再生は、「安定した収入」「継続した勤務」が条件となります。
そして、その条件を満たして原則3年で返済することを目的としています。
ですから、収入がない状態で個人再生をすることはできません。

 

 

しかし、なかには途中で払えない状態になることもあるでしょう。
たとえば、仕事を辞めてしまった場合。
この場合、今まで払えていても、途中で払えないということになります。

 

 

 

このように、個人再生を申立したにもかかわらず、
計画通りに払えない場合はどうなってしまうのでしょうか?
こういった状況になった場合、いくつかの方法があります。

 

 

1.分割弁済の再開

 

 

2.再生計画の変更

 

 

3.ハードシップ免責

 

 

分割弁済の再開は、再度支払える場合必ず再開しなければいけません。
弁済なしにそのままにしておくと、
債権者から再生計画の取り消しの申し立てをされる恐れがあります。

 

 

再生計画の変更は、手続きが必要です。
やむを得ない事情の場合、計画を変更することで、
弁済総額を減らすことができます。
引き延ばしは、最長2年。
新たに変更計画案を作成し、債権者の決議を経る必要があります。

 

 

ハードシップ免責とは、弁済を3/4以上済ませていること、
そして債務者に責任がなく弁済が困難になった場合に利用できます。
たとえば、病気や失業などですね。
この場合、残りの債務を免除してもらうことができる制度です。