カードローンの支払いを延滞や滞納!払えない時は弁護士へ

個人再生の後に払えない状態になったケース

 

個人再生は、「安定した給料」「継続した事業」が制限となります。
そして、その条件を満たして法則3階級で返済することを目的としています。
ですから、収入がない状態で個人再生をすることはできません。

 

 

ただし、なかには途中で払えない状態になることもあるでしょう。
たとえば、肝要を辞めてしまった場合。
この場合、今まで払えていても、途中で払えないということになります。

 

 

 

このように、個人再生を申立したにもかかわらず、
計画通りに払えない場合はどう患うのでしょうか?
こういった状況になったケース、いくつかの秘訣があります。

 

 

1.分割返金の再開

 

 

2.復元企画の挑戦

 

 

3.ハードシップ免責

 

 

分割返金の再開は、再度買えるケース必ず再開しなければいけません。
返金無しにそのままにしておくと、
債権ヤツから復元企画の破棄の異見をされる恐れがあります。

 

 

復元企画の変更は、プロセスが必要です。
しゃあない環境のケース、企画を変更することで、
返金料金を減らすことができます。
伸展は、最大2階級。
新たに挑戦企画企画を作成し、債権ヤツの決議を経る必要があります。

 

 

ハードシップ免責とは、返金を3/4上記済ませてある事、
そして借金ヤツに責任がなく返金が困難になった場合に利用できます。
たとえば、疾患やオタクなどですね。
この場合、残りの借金を放免してもらうことができるやり方です。

 

債務整理には委任状が必要なの?

 

 

膨れ上がった借金をなんとかしたいと考えている人もいますよね。
借金をそのままにしておくと、大変なことになります。

 

 

一刻も早く債務整理した方がいいです!

 

 

とはいっても、債務整理って、どうやってしたらいいのでしょうか?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

債務整理には、4種類の方法があります。
その中で、自分にあったものを見つけます。

 

 

・個人でできる債務整理
・裁判所に申し出なければいけない債務整理

 

 

個人でできる債務整理は、「任意整理」といいますが、業者と交渉するので
知識も必要になってきます。

 

業者から条件の悪いものを勧められることもあります。
そんなことにならない為に、弁護士などに依頼することをお勧めします。

 

 

 

弁護士などに依頼する為には、委任状が必要になります。

 

委任状とは、特定の物事を書いた書類をいいますが、任意代理のときに
必要なのが委任状なんです。

 

 

そして、弁護士などに依頼した場合の費用ですが、1件4万円ぐらいです。
他に、郵送代などもかかります。

 

 

 

借金をかかえている状態では、費用が払えない場合もありますよね。
まずは、借金問題を「無料で相談できる事務所」に、相談してみるといいですね。

 

そのときに、費用を分割できるのか……など、聞いておくといいです。

 

借金返済

 

夫 浮気 証拠集め

 

浮気調査

 

車 下取り ディーラー